title_2018
 
 
SSH活動内容
12345
2021/01/18new

台湾国立蘇澳高級海事水産職業学校との生徒Web交流

| by:海洋コース

台湾国立蘇澳高級海事水産職業学校との生徒Web交流


1 日  時  令和3年1月14日(木) 17:00~18:00

2 会  場  本校 海洋情報実習室(ビデオ会議)
        台湾国立蘇澳高級海事水産職業学校 会議室

3 参加生徒  本校 海洋科学類・海洋技術類 1・2年生希望者(14名)
        台湾国立蘇澳高級海事水産職業学校 1~3年生希望者(18名)

4 概  要
  
台湾国立蘇澳高級海事水産職業学校の代表生徒の皆さんと本校の海洋系
 参加希望生徒がビデオ会議(Jitsi meet使用)での交流を実施しました。

  (1) 各校の学校長あいさつ

     

  (2) 生徒自己紹介(英語)
    参加生徒が一人ずつ英語での自己紹介を行いました。
    自己紹介の後には,学校で楽しみなこと,台湾で有名な日本人等について
    お互いに質問し,楽しく交流を深めました。

      

      

  (3) マイクロプラスチック問題についての意見交換(英語)
    本校のエシカルクラブから事前にお願いしていたマイクロプラスチックに
   ついての質問について意見交換を英語で行いました。

      

  (4) 次回の日程について確認
    次回は3月に,各校の学校紹介とSSH課題研究で取り組んでいる内容の
   研究発表を予定しています。

  ☆台湾国立蘇澳高級海事水産職業学校のみなさんありがとうございました。
   3月の交流を楽しみにしています!!
07:42 | 海洋系
2021/01/07

テーマグループ討論会を開催

| by:Web担当者

 SSH課題研究テーマグループ討論会を開催しました!

 課題研究を始めるに当たって,「どのように研究テーマを考えたらいいか」を23年生で

話し合うテーマグループ討論会を開催しました。

 

1日時  令和21216() 13:0015:00

2場所 徳島県立徳島科学技術高等学校 多目的ホール

3講師 とくしまワークショップらぼ 吉野 哲一 理事 

5対象 生徒SSH委員会23年生38

6日程 13:0013:05 開会・講師紹介

      13:0514:55 討論会     

        14:55       質疑応答・閉会


  
 
14:18
2020/12/09

SCITEC-HIノート優良事例紹介

| by:Web担当者

昨年度から,生徒の科学的思考力向上のためフレーム型方眼ノートの書式を活用した
本校独自ノート「SCITEC-HIノート」を開発し,本年度から全校に配布し,実習や課題研究等に
活用しています。
 今回,2年生の実習及び3年生の課題研究で上手に活用できている例を紹介します。



実習(イオン化傾向).jpg


実習(硫酸銅の結晶水).jpg


SSH課題研究.jpg

18:18
2020/12/08

SSH課題研究の進め方講演会

| by:Web担当者

 課題研究を始めるに当たって,「研究とは何か?」「研究の企画・立案・進め方とは?」
「研究を進めるにあたっての留意事項」「データ処理の方法」等について,大学の先生をお招きし,
講演会を開催しました。

   

1 日 時   令和2年11月27日(金) 11:00~12:00
2 場 所   徳島県立徳島科学技術高等学校 201・202教室

(オンラインによる講義)

4 講 師   徳島文理大学保健福祉学部口腔保健学科 吉岡 昌美 教授 

5 対 象   総合科学類2年生59

6 日 程   11:00~11:05 開会・講師紹介

        11:05~11:55 講義     

           11:55~       質疑応答・閉会


 今後の研究テーマの決定方法や研究の進め方について参考なる講演会でした。  


18:00 | 総合科学類
2020/12/08

令和2年度SSH研究発表会のお知らせ

| by:Web担当者
1 日  時  令和3年2月9日(火) 午後零時30分から午後2時45分まで

2 場  所  オンラインでの開催

3 日  程  12:30~12:40 開会行事
        12:40~12:45  事業概要説明
        12:45~12:55 会場準備
        12:55~13:30 研究発表①(2テーマ:発表7分,質疑応答5分)
        13:30~13:40 休 憩
        13:40~14:30 研究発表②(3テーマ:発表7分,質疑応答5分)
        14:30~14:40  講評
        14:40~14:45 閉会行事

4 参加対象  科学技術振興機構※,徳島県教育委員会,運営指導委員,学校評議員
        県内外SSH校教職員※,県内学校関係者※,本校1,2年生,本校職員 他
        ※印は,オンラインでの参加です。

5 申込方法  電子メールで下の様式から令和3年1月20日(水)17:00までに
        お申し込みください。
        
R3.2.9_徳島科学技術高校SSH発表会案内文.pdf

        R3.2.9_徳島科学技術高校SSH発表会開催要項.pdf
        【別紙様式】R3.2.9_徳島科学技術高校SSH発表会参加申込書.xlsx


10:59
2020/11/30

カキ養殖についてのオンライン講演会(海洋科学コース)

| by:海洋コース

カキ養殖についてのオンライン講演会(海洋科学コース)


1 期  日  令和2年11月26日(木)9:55~11:35

2 講  演  者  株式会社リブル 
        取締役 最高執行責任者 高畑 拓弥 様
        生産担当        石田 勇介 様

3 対  象  海洋科学コース1・2年生(19名)

4 概  要
 徳島県南部の那佐湾をフィールドとしてカキ養殖を行っている株式会社リブル様にカキの種苗生産の方法や
養殖方法について教えていただきました。
   質疑応答では,「カキ養殖は赤潮の影響を受けるのか」や「"あたる"カキと”あたらない”カキの違い」など
おもしろい質問もあり,とても楽しく勉強になる講演会でした。
 今回勉強したことを今後の研究や,水産業を考えていく基礎として活かしていきたいと思います。
 
  

  ※高畑様,石田様 楽しい講演会をしていただき,ありがとうございました。



09:00
2020/11/26

瀬戸内海の地域課題解決に取り組む高校生サミット(海洋科学コース)

| by:海洋コース

瀬戸内海の地域課題解決に取り組む高校生サミット
(第10回瀬戸内海の環境を考える高校生フォーラム)

1 期  日  令和2年11月22日(日) 10:00~15:00

2 参加生徒  海洋科学コース 2年生 4名(オンライン参加)

3 主  催  兵庫県立尼崎小田高等学校

4 概  要
  兵庫県立尼崎高校主催の瀬戸内海の地域課題解決に取り組む高校生サミットに
 海洋科学コース2年生の代表生徒4名がオンラインで参加しました。
  午前は各校の取組をオンライン発表し,午後は「豊かな瀬戸内海」について
 ディスカッションを行いました。

      
17:01 | 海洋科学類・海洋科学コース
2020/11/16

Marine Science English(光合成色素の分離)

| by:海洋コース

Marine Science English
(薄層クロマトグラフィーによる光合成色素の分離)

1 期   日  令和2年11月2日(月)・9日(月)

2 実施クラス  海洋科学コース・海洋総合コース 3年生

3 授業の様子
   海藻(褐藻・緑藻・紅藻)と陸上植物(シロツメクサ)から
  薄層クロマトグラフィーによって光合成色素を分離しました。

      

      

      

      

      
08:00 | 海洋系
2020/10/19

Marine Science English(巻き貝の生態)

| by:海洋コース

Marine Science English(巻き貝の生態)

1 期   日  令和2年10月15日(木)

2 実施クラス  海洋科学コース・海洋総合コース 3年生

3 授業の様子
   タマキビ貝の生態を調べるため,淡水,海水,150%海水,50%海水,
  3.5%塩水を,タマキビ貝の入ったビーカーに注いで,観察しました

   観察した結果は,表やグラフにまとめました。
   次回は,なぜ,このような結果になったのかを考察します。

      

      
  

   
19:23 | 海洋系
2020/10/19

国立蘇澳高級海事水産職業学校との交流打ち合わせ

| by:海洋コース

国立蘇澳高級海事水産職業学校との交流打ち合わせ



1 期   日  令和2年10月14日(水) 17:00~17:30

2 場   所  本校 海洋情報実習室(ビデオ会議)

3 概   要
   今年度,相互訪問を行って交流を深める予定でしたが,新型コロナウィルス
  感染症の影響で訪問することができなくなりました。
   そこで,今年度はビデオ会議を通して,生徒間の交流を図ることとなり,
  今回は,交流内容についての教員間での打ち合わせを実施しました。

          

  

19:11 | 海洋系
12345