保護者の皆様へ >> 記事詳細

2017/09/19

北朝鮮による弾道ミサイル発射時の対応について

| by:Web担当者
1 Jアラート等を通じて弾道ミサイルに係る緊急情報が発信された場合の対応について
 (1)登校前の場合  ⇒ 自宅待機
 (2)登下校中の場合 ⇒ 近くの建物等に避難
 (3)在校の場合   ⇒ 学校待機(避難行動)
 ※生徒は自らの安全を確保し,学校及び自治体等の指示に従ってください。
  ただし,登校前や登校途中において,テレビ・ラジオ・メール等で弾道ミサイルが海上等に着弾し,
  本県周辺に影響がないことが確認できた場合は速や
かに登校してください。
  
 Jアラート等を活用した緊急情報が発信された場合の行動例
 【屋外にいる場合】建物や地下街に避難する。
 【建物がない場合】物陰に身を隠すか,地面に伏せて頭部を守る。
 【屋内にいる場合】窓から離れるか,窓のない部屋に移動する。
 ミサイルが着弾した場合の行動例
・近くにミサイルが着弾した場合は,屋外にいる場合は,口と鼻をハンカチで覆いな
 がら,現場から直ちに離れ密閉性の高い屋内の部屋または風上に避難
する。屋内に
 いる場合は,換気扇を止め,窓を閉め,目張りをして室内を密
閉する。
・弾頭の種類に応じて被害の様相や対応が大きく異なるため,テレビ・ラジオ・イン
 ターネット等を通じて,情報収集に努めるとともに,行政からの指示
があればそれ
 に従って,落ち着いて行動する。

2 臨時休業等について
 学校が臨時休業となる場合は,当ホームページにてお知らせします。

17:25