SSH(スーパーサイエンスハイスクール)事業 SSH研究内容
1234
2017/05/30

◆平成29年度SSH研究内容

| by:Web担当者

◆事業題目
 「とくしまマリンサイエンスプロジェクト」

◆研究開発の概要
 
資源増殖や海洋環境についての指導の工夫や教材開発に取り組むとともに,地域や産学官の連携をとおして,生徒の学習意欲を向上させ,学力を伸長させるカリキュラムの開発を行う。

 また,防災,環境保全・エコロジーの観点から,未来の技術者としての先端技術の取組について研究し,将来,工業,水産・海洋関係の技術者や科学者として活躍する人材の育成をめざす。


13:26
1234
SSH活動内容 >> 記事詳細

2016/12/26

平成28年度ドイツ(ニーダーザクセン州)海外研修

| by:Web担当者
◆実施日 平成28年11月20日(日)~11月27日(日) 

◆交流先 ドイツ ニーダーザクセン州 ブリンクシュトラーセ職業学校 

◆参加生徒
 総合科学類   1学年 1名
 建設技術類   1学年 1名
 情報科学コース 2学年 2名
 情報通信コース 2学年 1名
 建築コース   2学年 1名

◆内 容
 平成26年度に続き,2度目の海外研修を実施しました。前回と同じくブリンクシュトラーセ職業学校(以降BBS)との交流で,生徒は全員BBSの生徒宅にホームステイしました。今回はRaspberryPiという超小型のボード型コンピュータを使った技術交流をテーマとして,実施することになりました。
 技術交流の具体的な内容は,光の残像を利用したLED表示装置「バーサライタ」と二足歩行の学習用ロボット「Rapiro(ラピロ)」をRaspberryPiを使って制御するというものです。本校では夏休みから事前研修を始めました。技術交流は,研修日程の5日間(11月21日(月)~11月25日(金))のうち4日行い,それぞれの班で作品の仕組みや制御方法などの意見交換しながら,作品を仕上げ,共同作業の内容についてプレゼンテーションを実施しました。
 他にもBBSで実施しているデュアルシステムの説明を受けたり,関連企業の見学として大型の農業機器メーカーのクローネ社を訪れたり,オスナブリュック大学でコンピュータ技術についての講義を受けたりもしました。
 最終日にはBBSと本校との姉妹校協定の締結式も行い,今後のさらなる交流を約束することもできました。
 来年(平成29年度)11月頃には,今回交流したBBSの生徒9名が本校に訪れる予定です。今回の交流で学んだ技術をさらに発展させることができるように,今後も交流を深めていきます。


スキポール空港での出迎え

事前研修プレゼン「バーサライタ」

事前研修プレゼン「Rapiro」

プログラムの意見交換

バーサライタの組立

Rapiroの制御について

オスナブリュック大学

クローネ社

プレゼンの準備

共同作業のプレゼン

姉妹校協定締結

記念撮影

17:14