SSH(スーパーサイエンスハイスクール)事業 SSH研究内容
1234
2017/05/30

◆平成29年度SSH研究内容

| by:Web担当者

◆事業題目
 「とくしまマリンサイエンスプロジェクト」

◆研究開発の概要
 
資源増殖や海洋環境についての指導の工夫や教材開発に取り組むとともに,地域や産学官の連携をとおして,生徒の学習意欲を向上させ,学力を伸長させるカリキュラムの開発を行う。

 また,防災,環境保全・エコロジーの観点から,未来の技術者としての先端技術の取組について研究し,将来,工業,水産・海洋関係の技術者や科学者として活躍する人材の育成をめざす。


13:26
1234
SSH活動内容 >> 記事詳細

2016/09/01

構造解析シミュレーション機器利用

| by:総合デザインコース
◆実施日
 平成27年6月24日(金)
◆開催場所
 徳島県立工業技術センター
◆担当者
 徳島県立工業技術センター 機械技術担当 主任 日開野 輔 氏
◆参加生徒
 SSH課題研究班2名
◆目的
 総合デザインコースは、SSH事業第4年次、Ⅲ-4-11「環境保全へと繋がる杉材を使った製品の研究・開発」に取り組んでいます。杉材の新たな活用法を生み出すことで、森林と海洋の環境保全へと繋げることを大きな目標に設定し、今年度は「杉材を使った椅子の強度試験」をテーマに研究しています。今回は、構造解析シミュレーションの機器利用で協力いただいた日開野先生を訪問し、構造解析シミュレーションについて指導・助言を頂きました。
◆内容
 次の映像は、構造解析のために徳島県立工業技術センターにあるCAEシステム(ANSYS R17 Mechanical)を利用したものです。パラソリッド値(3DCAD形状)と、材料のヤング率、ポアソン比、せん断弾性係数によって応力等のシミュレートができるので、荷重分散の方策を検討するために行いました。

09:02 | 総合デザインコース