SSH活動内容

会議・研修 四国地区SSH研究発表会に参加

 四国地区SSH研究発表会に新3年生37名が参加しました。この発表会は、四国地区SSH指定10校が集まり、ポスター発表を行います。本校からは、各コースから1テーマを選抜し、ポスター発表を行いました。

日時:令和6年4月6日(土) 12:15~16:00
場所:愛媛県立西条高等学校
参加者:四国地区SSH指定10校(参加生徒 約300人)

理科・実験研究テーマ
・教室内の換気に関する研究 (情報科学コース)
・新町川の水質調査 (環境科学コース)
・ロケットストーブの有効活用に関する研究 (機械コース)
・身近な生活の中からエネルギーを効率的に取り出す研究 (生産システムコース)
・農作物に被害を与える害虫・害獣対策 (電気コース)
・ペナルティゾーン運用システム (情報通信コース)
・藍コンクリート (環境土木コース)
・地域のくらし-まちに住む・地域に開く住まい- (建築コース)
・シャボン玉吹き棒の研究 (総合デザインコース)
・アオリイカ産卵礁の開発 (海洋科学コース)
・オニテナガエビ養殖の未来を探る (海洋総合コース)

汗・焦る エビの陸上養殖【新聞取材】

 海洋総合コース2年生を中心とした研究班が、「オニテナガエビ」の養殖に成功しました。生徒達は、手作りの装置で稚エビ(エビの赤ちゃん)の陸上養殖による生産に成功しました。生徒達は、平日及び休日も餌を与え、水槽の水質管理を徹底してきました。今後は、誰でも手軽に養殖ができるように研究を進めていきます。

読売新聞の記事は、こちら
徳島新聞の記事は、こちら

お祝い 令和6年度SSH指定校に内定

 本校のSSHは、平成25年度から第Ⅰ期がスタートしました。令和6年3月13日(水)、文部科学省から令和6年度のSSH指定校の発表があり、内定しました。第Ⅲ期は、令和6年度から5年間取り組みます。第Ⅲ期は、STEAM教育を通じた生徒の探究力を育成し、将来のイノベーションの創出を担う科学技術人材の育成を目指します。


文部科学省の内定
発表は、こちら
文部科学省のSTEAM教育に関する内容は、こちら

お祝い ポスター発表で最優秀賞

 令和5年度SSH徳島県スーパーサイエンスハイスクール生徒研究合同発表会に参加しました。本校からは、口頭発表2テーマ、ポスター発表9テーマの発表を行いました。ポスター発表58テーマ中、海洋総合コースの発表が最優秀賞を受賞することができました。

日時:令和6年3月16日(土) 9:30~16:50
場所:徳島県教育会館
参加校:脇町高校(SSH校)、富岡西高校(SSH校)、城南高校(SSH校)、城北高校、徳島市立高校、富岡東高校、海部高校、ジュニアドクター養成講座(中学生)、本校(SSH校)

お知らせ結果

会議・研修ポスター発表
最優秀賞 海洋総合コース

「オニテナガエビ幼少の未来を探る~共食いによる消耗と体サイズの関係~」

優良賞 機械コース

「ロケットストーブの有効活用に関する研究について」

奨励賞 建築コース

「地域のくらし-まちに住む・地域に開く住まいー カメ部長の篰帳ストリートin桜町通り」

奨励賞 総合デザインコース

「シャボン玉吹き棒の研究」

情報処理・パソコン口頭発表

優良賞 情報通信コース

「競歩運営支援州ステムの運用と改善」



飛行機 SSH国際交流

 台湾国立蘇澳高級海事水産職業学校の皆さんが、来校されました。

1 期日  令和6年3月11日(月)
2 場所  本校
3 来校者 台湾国立蘇澳高級海事水産職業学校(陳校長、習先生、生徒9名、通訳1名)
4 内容
①歓迎式典
②昼食(食堂)※本校生徒と交流
③茶道部体験
④部活動見学(柔道、剣道、弓道、マリンリサーチ)
⑤ぜんざい作り(生徒)、施設見学(陳校長、習先生)

  



  

グループ PRTを開催しました

 SSH課題研究テーマ提案発表会を開催しました!

 課題研究を始めるに当たって,「どのように研究テーマを考えたらいいか」を1・2年生で話し合うテーマ提案発表会「PRT(Proposal of Research Theme)」を開催しました。
  
1 日時:令和6年2月14日(水) 16:00~17:00
2 場所:多目的ホール
3 講師:とくしまワークショップらぼ 吉野哲一 理事 
4 対象:生徒SSH委員1・2年生77名
5 日程
     16:00~16:05 開会・講師紹介
     16:05~16:55 課題研究テーマ発表ワークショップ
     16:55~       閉会


グループ SSH運営指導委員会

 第2回運営指導委員会を開催しました。

日時 令和6年2月13日(火) 15:20~17:00
場所 多目的ホール
参加者:運営指導委員,徳島県教育委員会,本校教職員
内容:
 ①本年度の取組概要及び課題について
 ②質疑応答
 ③指導助言
 ・生徒のプレゼンテーション力が年々良くなっている。
 ・NPOと協力しながら、地域連携するのが望ましい。

 ・先輩の成功と失敗の事例をしっかり継承する。

会議・研修 校内SSH研究発表会

 令和6年2月13日(火)、校内のSSH発表会を開催しました。発表は多目的ホールから配信し,1・2年生は教室で電子黒板を見ながら参加しました。SSH運営指導委員、学校運営協議会(コミュニティ・スクール)委員の方々から、たくさんの質問をいただきました。

情報処理・パソコン口頭発表のテーマ
①教室内の換気に関する研究(総合科学類情報科学コース)
②ロケットストーブの有効活用に関する研究(機械技術類機械コース)
③WEBを利用した競歩運営システムの運用・改善(電気技術類情報通信コース)
④藍コンクリート(建設技術類環境土木コース)
⑤オニテナガエビ養殖の未来を探る~共食いによる減耗と体サイズ差の関係~(海洋技術類海洋総合コース)
⑥令和5年度SSH台湾海外研修報告(国際交流チーム:海洋系)
 

お知らせ講評
・年々、研究内容、発表方法が良くなっている。
・他の発表もしっかり聴いて、良いところを取り入れよう。
・研究の意義を再度確認し、科学的な意味合い、人間的な意味合いも考えよう。
・先行研究、参考文献をうまく活用しよう。活用したら、要旨等に記載しよう。

会議・研修 SSH研究発表会の案内

 令和5年度徳島科学技術高等学校SSH研究発表会を実施します。
県内外SSH指定校教職員、県内学校関係者は、オンラインで参加が可能です。

1 実施日
   第1部(動画公開):令和6年2月1日(水)~2月15日(水)
   第2部(オンライン配信):令和6年2月10日(金) 12:30~15:05

2 参加対象
   科学技術振興機構、徳島県教育委員会、運営指導委員、学校運営協議会委員
   県内外SSH校教職員、県内学校関係者、本校1・2年生、本校職員 他

3 申込方法【締切:1月20日(木) 17:00まで
   次のExcelファイルをダウンロードしていただき,メールでお申し込みください。
         
   【別紙様式1】参加申込書(一般参加用).xlsx

 詳細は、次の実施要領等を御覧ください。
 「令和5年度徳島科学技術高等学校SSH研究発表会」の開催について(案内).pdf
 「令和5年度徳島科学技術高等学校SSH研究発表会」(開催要項).pdf

会議・研修 SSH台湾研修

SSH台湾研修

1 期  日  令和5年11月20日(月)~23日(木) 

2 場  所  台湾國立蘇澳高級海事水產職業學校
        (No. 213, Sugang Rd, Su'ao Township, Yilan County, 台湾 270)

3 実施HR  海洋科学類および海洋技術類1~3年生の代表生徒 6名

4 内  容

 ○11月20日(月)<1日目> 

  ①関西国際空港から台湾桃園空港まで飛行機で移動
  

  ②台湾の町並み
  

  ③台湾桃園空港に到着
  

  ④入国審査を終えて入国
  

  ⑤空港から電車で3時間かけて蘇澳駅に到着
  

 ○11月21日(火)<2日目> 

  ①「アオリイカ産卵礁の開発」についての研究発表
  

  ②「漁にかかるサメの有効利用」についての研究発表
  

  ③台湾のみなさんからたくさんの質問をいただきました。
  

  ④校内の実験施設を見学
  

  ⑤プランクトンについての実験
  

  ⑥帆走性能についての実験
  

 ○11月22日(水)<3日目>

  ①蘇澳高級海事水產職業學校の概要について説明を受けました。

  

  ②台湾の高校生の生活等について質問

  

  ③台湾の先生方からも徳島科学技術高校のことについて質問

  

  ④奇麗湾珍奶文化館へ移動

  

  ⑤国を挙げてのタピオカの販売戦略やマーケティングの研究について研究員の方から講演

  

  ⑥蘇澳高級海事水產職業學校から台北へ移動

  

 

 ○11月23日(木)<4日目>
  台湾(台北)から徳島まで移動
  

 ※ 蘇澳高級海事水產職業學校の先生方、生徒のみなさん、ありがとうございました。

 

グループ SSH台湾海外研修へ向けた事前研修(海洋系コース)

SSH台湾海外研修へ向けた事前研修(海洋系コース)

1 日  時  令和5年9月19日(第4回)
        令和5年10月25日(第5回)

2 参加生徒  海洋科学コース14名(1年生:3名、2年生:8名、3年生:3名)
        海洋総合コース  9名(1年生:4名、2年生:5名)

3 概  要

 第4回研修
 ・英会話、中国語練習
 ・蘇澳海事の生徒が来校した時の校内案内について英語でプレゼン準備

 第5回研修
 ・グループでの英会話練習
 ・中国語での動画撮影
  ALTのメイ先生から中国語の発音等について指導していただきました。

写真① チームでプレゼン準備中
              

写真② 中国語の発音を勉強中


写真③ 研修のようす



写真④ 研修のようす

☆ メイ先生、ありがとうございました。

 

理科・実験 高大連携・実験講座

 徳島大学から南川教授ら講師3名と大学院生及び学部生12名をお招きし,総合科学類1年生を対象に化学実験の講義を実施していただきました。

◆実施日
 令和5年9月13日(水)
◆対象生徒
 総合科学類 1学年 60名
◆実習内容
 ①高分子凝集剤を用いた水質浄化
 
 
 ②振動反応・機能性表面形成
 

 ③プラスチックの性質
  

◎座談会
 実験の講義のあとは,班ごとに分かれて大学院生や学部生の方と座談会を行い,高校時代の勉強方法や現在の学業のことだけでなく、学生生活について質問するなど有意義な時間を過ごすことができました。
 

会議・研修 SSH福山大学研修(海洋コース)

SSH福山大学研修

 1 期  日  令和5年8月21日(月)~22日(火) 

2 場  所  福山大学 未来創造館・内海生物資源研究所(因島キャンパス)

3 実施HR  海洋科学コース・海洋総合コース2~3年生 希望者

4 内  容
◎8月21日(月) 福山大学 未来創造館

〇生徒研究発表会
 本校からは、「水中ドローンによる漁場調査」、「アオリイカ産卵礁の開発」についてのポスター発表を行いました。

   

   

〇施設見学
   

●8月22日(火) 福山大学 内海生物資源研究所

〇模擬講義
 他校の生徒とペアになって、餌料生物やシロギスの卵の観察を行いました。

   

   

〇施設見学

   

   

   

 ★ 貴重な機会を与えていただきました福山大学の皆様、ありがとうございました。

 

 

汗・焦る シオマネキ

吉野川河口のシオマネキ調査

1 日  時  令和5年7月17日(月) 9:30~15:30
2 参  加  者  マリンリサーチクラブ2年生 5名
3 概  要
 「とくしま自然観察の会」のメンバーや徳島大学の学生さん、一般参加の方と吉野川河口のシオマネキの個体数調査を行いました。

 詳細は、こちら

グループ SSH台湾海外研修へ向けた事前研修(海洋系コース)

SSH台湾海外研修へ向けた事前研修(海洋系コース)

1 日  時  令和5年5月2日(第1回)
        令和5年6月6日(第2回)
        令和5年7月6日(第3回)

2 参加生徒  海洋科学コース14名(1年生:3名、2年生:8名、3年生:3名)
        海洋総合コース 9名(1年生:4名、2年生:5名)

3 概  要

 第1回研修
 ・メンバーの顔合わせ
 ・SSH台湾海外研修についての概要説明
 ・今後の研修についての説明
 ・第2回研修に向けた課題説明

 第2回研修
 ・英語、中国語での自己紹介練習
 ・英会話練習
 ・台湾について様々な視点から調べたことを共有、発表

  第3回研修
 ・英会話練習(自己紹介、海洋に関する説明を英語で行う等)
 ・昨年までの交流内容の説明
 ・台湾の漁業についての説明・復習












写真① 研修での発表のようす












写真② 研修での話し合いの様子

理科・実験 SSH第1回運営指導委員会

 SSH第1回運営指導委員会が開催されました。
この委員会は,本校のSSHの取組について,運営指導委員(学校教育に専門的知識を有する者,学識経験者、関係機関の職員等)の方々から指導助言をしていただきます。

日時:令和5年7月13日(木) 14:30~17:00
場所:本校 多目的ホール
参加者:運営指導委員,徳島県教育委員会,科学技術振興機構,本校教職員
内容:
①本年度の実施計画について
②質疑応答
③指導助言

・これまでの成果や評価を蓄積し、生徒間及び教員間で共有することが大切である。
・相関関係と因果関係の違いを踏まえて、研究に取り組むことが重要である。
・工業と水産の連携を強めることが重要である。

・方眼ノートの取組は、大学進学後も生かすことができる内容である。
・広報活動は、テレビや新聞に働きかけることが有効である。
・小中学生向けの出前授業は、教える側の高校生も深い学びとなる。
・専門英語の勉強は、まず日本語で専門知識をしっかり理解することが大切である。

会議・研修 ウーパールーパー

 マリンリサーチクラブが、ウーパールーパーに関する出前授業を行いました。

 マリンリサーチクラブは昨年12月にウーパールーパーの繁殖に成功し、その新規個体の里親に希望していただいた「ニチイキッズあいずみさかふじ保育園」と「瀬戸中学校」に出向き、出前授業を行いました。

 詳細の内容は、こちら

 

 

本 方眼ノートグランプリ

 本校は,文科省よりスーパーサイエンスハイスクール(SSH)校に指定を受け,様々な事業に取り組んでおり,その一環として課題研究の高度化・多様化を目指しています。そして現在,課題研究に役立つ学校独自ノート「SCITEC-HIノート」を開発し,令和2年度より学校に導入しているところです。

 今回は,課題研究や授業等でSCITEC-HIノートや方眼ノートを使っている代表生徒が,工夫している点や留意点などのプレゼンテーションを行い,方眼ノートシニアトレーナーである青木文子さんより,指導講評をいただきました。

 ZOOM配信で各教室に配信し,全校生徒が方眼ノートを使って,発表生徒のプレゼンテーションや青木さんの指導講評のなかから,自分自身のノートの使い方の参考となる点について記入しまとめました。

 今回は、SSH指定校ではない徳島県内の高校から先生2名が視察にこられました。

日時:令和5年7月12日(水) 11:00~12:10

場所:多目的ホール(各教室へZOOM配信)

本 方眼ノート講演会

 方眼ノートの活用方法について,岐阜県から方眼ノートシニアトレーナーである青木文子様をお招きして,1年生を対象に講演会を開催しました。

日時:令和5年7月12日(水) 9:00~9:50
場所:体育館
内容:勉強や探求活動に役立つ考えがまとまるノートの使い方

  本校は,文科省よりスーパーサイエンスハイスクール(SSH)校に指定を受け,様々な事業に取り組んでおり,その一環として課題研究の高度化・多様化を目指しています。そこで,勉強や課題研究に役立つ学校独自ノート「SCITEC-HIノート」を開発し,令和2年から導入しています。 

理科・実験 MSE(Marine Science English) ”Salinity Currents"(海洋コース3年)

MSE(Marine Science English) ”Salinity Currents"

1 日   時  令和5年5月15日(月)

2 場   所  本校 海洋環境実習室

3 実施クラス  海洋科学・海洋総合コース3年生(29名)

4 内   容

 MSE(Marine Science English) の授業で、Salinity Current"についての英語を用いた実験を行いました。
 真水(赤色) と塩水(緑色) の入ったペットボトルをチューブでつないで、その時の水の動きを観察し、なぜそのような動きになるのかを考察しました。

 

会議・研修 県SSH生徒研究合同発表会

 令和5年3月18日(土)、令和4年度徳島県高等学校スーパーサイエンスハイスクール生徒研究合同発表会が行われ、口頭発表の部において、最優秀賞と奨励賞をいただくことができました。

王冠最優秀賞
「シャボン玉噴射の研究」
 建設技術類総合デザインコース
 松原うらら、高橋侑希、多田陽向、坂田一華、武市里紗、高田空

花丸奨励賞
「水中ドローンによる漁場調査」
 海洋科学類海洋科学コース
 藤原楓也、牧野大和、玉井凪、育田陵太郎、片山翔夢、勝浦暖真、鎌田慶将、佐川武士、貞野惺音、森隆



 

会議・研修 四国地区 SSH 生徒研究発表会

 令和5年4月9日(土)、高知県立高知小津高校で開催された「令和5年度第11回四国地区SSH生徒研究発表会」に参加しました。4年ぶりに開催されました。

 本校からは、12テーマの発表を行いました。また、発表生徒だけでなく、科学部の生徒も参加し他校の発表を熱心に聞き入っていました。


本 SCITEC-HIノートの教材

 本校では,令和元年度から生徒の科学的思考力が向上するノート【SCITEC-HIノート】を開発しています。また,このノートは,生徒の専門英語力向上のため,科学英語等も学べるノートになるように開発しています。 

■教材開発
① 
国公立大学に進学した卒業生へのアのンケートの結果,「高校で学んでおきたかったこと」の最上位が4年連続「科学英語」でした。そこで,専門科目の学習の際に科学英語に触れる機会を増やし,生徒の英語力の向上に教科の枠を越えて取り組んでいます。
②方眼ノートのフレームを使うことで,SCITEC-HIノートの活用力の向上を図っています。 

■令和4年度に新規に作成した教材
 ★テーマ一覧.pdf
 
01_情報科学コース(工業情報数理).pdf

 
02_環境科学コース(地球環境化学).pdf
 
03_機械コース(原動機).pdf
 
04_生産システムコース(工業数理).pdf

 
05_電気コース(電子計測制御).pdf
 
07_環境土木コース(土木基礎力学1).pdf
 
08_建築コース(建築施工).pdf
 
09_総合デザインコース(デザイン史).pdf
 
10_海洋科学コース(総実:魚類の酸素消費量).pdf
 
11_海洋総合コース(小型船舶機関).pdf

ビジネス 実用新案登録申請に係る表敬訪問

 電気技術類情報通信コース2,3年生が課題研究で開発した「競歩運営支援システム」が,実用新案登録に申請することが決定したため,知事表敬訪問を行いました。

  
1 日時:令和5年2月21日(火) 17:15~17:30
2 場所:徳島県庁
3 訪問生徒:電気技術類・情報通信コース 2年生4名,3年生3名
5 内容:現行の紙を使った「競歩」の運営を体験後,タブレット端末を使った運営を実演しました。 

■実用新案登録とは?
 物品の形状、構造又は組み合わせについての考案を保護するもので,いわゆる小発明を保護するものです。詳しくは,日本弁理士会のホームページを御覧ください。

会議・研修 SSH課題研究テーマ提案発表会

 SSH課題研究テーマ提案発表会を開催しました!


 課題研究を始めるに当たって,「どのように研究テーマを考えたらいいか」を2年生で話し合うテーマ提案発表会「PRT(Proposal of Research Theme)」を開催しました。
  
1 日時:令和5年2月21日(火) 16:00~17:00
2 場所:本校 新多目的ホール
3 講師:とくしまワークショップらぼ 吉野哲一 理事 
5 対象:生徒SSH委員会2年生30名
6 日程
  16:00~16:05 開会・講師紹介
  16:05~17:00 課題研究テーマ発表ワークショップ
  16:55~       閉会

グループ SSH運営指導委員会を開催

 第2回運営指導委員会が開催されました。
この委員会は,本校のSSHの取組について,運営指導委員(学校教育に専門的知識を有する者,学識経験者、関係機関の職員等)の方々から指導助言をしていただきます。

日時:令和5年2月10日(金) 15:20~17:00

場所:本校 多目的ホール

参加者:運営指導委員,徳島県教育委員会,科学技術振興機構,本校教職員

内容:
①本年度の取組概要及び課題について
②質疑応答
③指導助言
 ・発表は,初めて聞く人にも分かってもらえるような工夫が必要。模式図が有効である。

 ・質疑応答の対応力を向上させるには,多くの経験をする必要がある。
 ・卒業生や他校と交流することで,生徒はより成長することができる。
 

会議・研修 SSH研究発表会を開催

 令和4年度徳島科学技術高等学校SSH研究発表会を開催しました。生徒は,教室からオンラインで参加しまた。

1 実施日:令和5年2月10日(金) 12:30~15:20

2 参加者:科学技術振興機構,徳島県教育委員会,運営指導委員,学校運営協議会委員,県内外SSH校教職員,県内学校関係者,本校1・2年生,保護者,本校職員 他

3 発表テーマ
 ①カゼインプラスチックの強度変化
 ②身近な生活の中からエネルギーを効率的に取り出す研究
 ③野生生物の食害を防ぎ,共生社会を目指す活動について
 ④シャボン玉の研究
 ⑤水中ドローンを用いた漁場調査
 ⑥定置網におけるフグ類による漁具被害の研究

 発表した生徒達は,運営指導委員等からの鋭い質問に戸惑いながらも丁寧に答えていました。また,研究の進め方,発表資料の作り方など,多くのことを学ぶことができました。

ひらめき 【総合科学類】光のサイエンスカフェ

 徳島大学ポストLEDフォトニクス研究所の先生をお招きし,総合科学類の2年生を対象に「光のサイエンスカフェ」を実施しました。最先端の科学技術の動向や未来の科学技術に関する講演を基に,科学がもたらす今後の社会の変化等について意見を出し合いました。

日時:令和5年1月17日(火) 情報科学コース2年生
   令和5年1月20日(金) 環境科学コース2年生

場所:多目的ホール

講師:徳島大学ポストLEDフォトニクス研究所
   令和5年1月17日(火) 岡本 敏弘 准教授(光メタマテリアル)
   令和5年1月20日(金) 八木下 史敏 准教授(光化学)

内容:自己紹介(研究者への道のり),研究紹介,ワークショップ,質疑応答

 

 【情報科学コース2年生】

 
【環境科学コース2年生】 

 

 

本 「魔法のノート」生徒講座

 本校は,文科省よりスーパーサイエンスハイスクール(SSH)校に指定を受け,様々な事業に取り組んでおり,考えが自然とまとまる「魔法のノート」を開発しています。
 方眼ノートを活用した勉強や探求活動に役立つ学校独自の魔法のノートである「SCITEC-HIノート」を開発し,1年生から使っています。 

 今回は,方眼ノートの活用方法について,岐阜県から方眼ノートシニアトレーナーである青木文子様をお招きして,1年生SSH委員及び方眼ノートクラブの生徒を対象に講座を開催しました。

日時:令和4年12月15日(木)13:00~15:20

場所:多目的ホール

参加生徒:1年生SSH委員及び方眼ノートクラブの生徒26名

内容: 講師の説明を聞きながら,実際に生徒が方眼ノートを書くことで,ノートの使い方を学びました。
 
 ※著作権保護のため,画像加工しています。

理科・実験 Marine Science English(薄層クロマトグラフィによる光合成色素の分離)海洋コース3年

Marine Science English(薄層クロマトグラフィによる光合成色素の分離)

 

1 実  施  日  令和4年11月24日(木)・28日(月)

2 実施場所  本校 海洋環境実習室

3 参加生徒  海洋科学コース・海洋総合コース3年生

4 概  要

 薄層クロマトグラフィによる海藻(緑藻・紅藻・褐藻)の光合成色素の分離の実験を英語で行いました。

  

  

  

  

  

 

学校 SSH研究発表会の案内

 令和4年度徳島科学技術高等学校SSH研究発表会を実施します。
県内外SSH指定校教職員,県内学校関係者は,オンラインで参加が可能です。

1 実施日
   第1部(動画公開):令和5年2月1日(水)~2月15日(水)
   第2部(オンライン配信):令和5年2月10日(金) 12:30~15:05

2 参加対象
   科学技術振興機構,徳島県教育委員会,運営指導委員,学校運営協議会委員
   県内外SSH校教職員,県内学校関係者,本校1・2年生,本校職員 他

3 申込方法【締切:1月20日(木) 17:00まで
   次のExcelファイルをダウンロードしていただき,メールでお申し込みください。
         
   【別紙様式1】参加申込書(一般参加用).xlsx 

 

 詳細は,次の実施要領等を御覧ください。
  「令和4年度徳島科学技術高等学校SSH研究発表会」(開催要項).pdf
  「令和4年度徳島科学技術高等学校SSH研究発表会」の開催について(御案内).pdf

情報処理・パソコン 台湾国立蘇澳高級海事水産職業学校とのWeb交流(海洋コース)

台湾国立蘇澳高級海事水産職業学校とのWeb交流

1 日  時  令和4年10月26日(水) 16:00~17:00

2 場  所  操船運用実習室

3 実施HR  海洋科学類・海洋技術類1~2年生

4 内  容

 台湾国立蘇澳高級海事水産職業学校とのWeb交流を実施しました。
 今回は,両校の校長先生のあいさつ,参加生徒の自己紹介,両国の地域の文化について
英語でのコミュニケーションを行いました。また,最後には画面越しに一緒に阿波踊りを踊り,
楽しい時間を過ごすことができました。

  

  

  

   

理科・実験 Marine Science English:巻貝の生態(1)(海洋コース3年)

Marine Science English:巻貝の生態(1)

 

1 日  時  令和4年9月22日(木) 

2 場  所  海洋環境実習室

3 実施HR  海洋科学コース・海洋総合コース3年

4 内  容

タマキビガイの生態についての実験を英語で実施しました。
今回はタマキビガイを入れた紙コップに海水を注いだ時のタマキビガイの行動を観察しました。
次回は,真水,食塩水,海水等の様々な条件で実験を行う予定です。

   

   

   

   

理科・実験 高大連携・実験講座を開催

 3年ぶりに,徳島大学から南川教授ら講師3名と大学院生及び学部生11名をお招きし,
総合科学類1年生を対象に化学実験の講義を実施していただきました。

◆実施日
 令和4年9月7日(水)
◆対象生徒
 総合科学類 1学年 60名
◆実習内容
 ①高分子凝集剤を用いた水質浄化
 ②振動反応・機能性表面形成
 ③プラスチックの性質

  大学の実践的な講義を体験することができました。生徒たちは,学生の指導・助言のおかげ
 で化学への興味がますます湧いてきたました。
  また,実験の講義のあとは,班ごとに分かれて大学院生や学部生の方と座談会を行い,学業の
 ことだけでなく学生生活について質問したり,有意義な時間を過ごしたりすることができました。 
 
 

 

会議・研修 方眼ノートグランプリ

 本校は,文科省よりスーパーサイエンスハイスクール(SSH)校に指定を受け,様々な事業に
取り組んでおり,その一環として課題研究の高度化・多様化を目指しています。そして現在,
課題研究に役立つ学校独自ノート「SCITEC-HIノート」を開発し,一昨年度より学校に導入して
いるところです。

 今回は,課題研究や授業等でSCITEC-HIノートや方眼ノートを使っている代表生徒が,工夫
している点や留意点などのプレゼンテーションを行い,方眼ノートシニアトレーナーである
青木文子さんより,指導講評をいただきました。

 ZOOM配信で各教室に配信し,全校生徒が方眼ノートを使って,発表生徒のプレゼンテーション
や青木さんの指導講評のなかから,自分自身のノートの使い方の参考となる点について記入し
まとめました。

日時:令和4年7月14日(木) 11:00~12:10

場所:多目的ホール(各教室へZOOM配信)

本 SSH方眼ノート講演会

 方眼ノートの活用方法について,岐阜県から方眼ノートシニアトレーナーである青木文子様を
お招きして,
1年生を対象に講演会を開催しました。

日時:令和4年7月14日(木)9:00~9:50

場所:体育館

内容: 勉強や探求活動に役立つ考えがまとまるノートの使い方について,具体的な活用方法を
   学びました。

  本校は,文科省よりスーパーサイエンスハイスクール(SSH)校に指定を受け,様々な事業に
取り組んでおり,その一環として課題研究の高度化・多様化を目指しています。
 そこで,勉強や課題研究に役立つ学校独自ノート「SCITEC-HIノート」を開発し,一昨年から
学校に導入しているところです。
 

会議・研修 SSH研究発表会【動画発表】

 令和3年度徳島科学技術高等学校SSH研究発表会(第1部:動画発表)を公開します。

 スーパーサイエンスハイスクール指定校である本校での課題研究の取り組みについて,
成果発表を本校YouTubeチャンネル「SCITE-HIチャンネル」で公開します!
 生徒たちの情熱溢れる研究活動の成果をじっくり御覧ください!

 なお,今年は特別に徳島県立阿南光高等学校,徳島県立つるぎ高等学校からも研究成果
の発表動画を投稿していただきました!本当にご協力ありがとうございます。両校の素晴
らしい取り組みを併せて御覧ください。

 公開期間:令和4年2月3日(木)~2月16日(水)

 発表要旨は,こちら

 視聴覚発表動画

  ■総合科学類
   情報科学コース:二次関数ミラーを用いた全方位カメラの研究視聴覚
   環境科学コース:植物による水質浄化池の調査・改善視聴覚

  ■機械技術類
   機械コース:ロケットストーブの有効活用に関する研究視聴覚
   生産システムコース:追尾式ソーラー発電システムの研究視聴覚

  ■電気技術類
   電気コース:送風機による室内温度の調節に関する研究視聴覚
   情報通信コース:競歩運営支援システムの制作

  ■建設技術類
   環境土木コース:コンクリート甲子園への取り組み
          :バイオ炭を活用した炭コンクリートの特性調査視聴覚
   建築コース:新時代のプラットフォーム産学連携持続可能な地区センター視聴覚
   総合デザインコース:愛着の持てるフォークの研究視聴覚

  ■海洋科学類
   海洋科学コース:世界の食料難を救う?アクアポニックス
            ~徳島のブランド水産物を利用した食料システムづくり視聴覚
  ■海洋技術類
   海洋総合コース:未利用魚を余すことなく丸一匹使った研究視聴覚
          :徳島県における野生メダカの保全~アメリカザリガニによる食害と水深との関係~視聴覚
          :業界初!?「生茶」でゾウリムシが増える理由を解明!!視聴覚

  ■保健厚生委員会
   歯と口の健康づくり~歯科健康診断とアンケート結果の分析から~視聴覚
   歯と口の健康づくり~紙芝居「はッピーくんとハピハピ!はみがきレッスン!」~視聴覚

  ■徳島県立阿南光高等学校:あこうバンブーミクス ※公開終了しました。

  ■徳島県立つるぎ高等学校:徳島城徳島橋門台(もんだい)復元模型の製作 ※公開終了しました。

 ※上記一覧にある動画について,新型コロナウィルス感染拡大の影響もあり動画制作に
  遅れが生じているものがあります。出来次第順次アップして参ります。御了承ください。

 ※情報通信コースの「競歩運営支援システムの制作」については,特許申請の関係上,
  一般公開はしておりません。御覧になりたい方は,事前に担当までメールで御連絡ください。

 
 徳島科学技術高等学校 SSH部担当 近藤 大器
 Eメール: kondou_hiroki_1@mt.tokushima-ec.ed.jp
 所属・氏名・メールアドレス・電話番号をお知らせください。

ノート・レポート SCITEC-HIノートの教材3(科学英語教材)

 本校では,令和元年度から生徒の科学的思考力が向上するノート【SCITEC-HIノート】を
開発しています。また,このノートは,生徒の専門英語力向上のため,科学英語等も学べる
ノートになるように開発しています。 

■教材開発
① 
国公立大学に進学した卒業生へのアのンケートの結果,「高校で学んでおきたかったこと」
 の最上位が3年連続
「科学英語」でした。そこで,専門科目の学習の際に科学英語に触れる
 機会を増やし,生徒の英語力の向上に
教科の枠を越えて取り組んでいます。
②方眼ノートのフレームを使うことで,SCITEC-HIノートの活用力の向上を図っています。 

■令和2年度に作成した教材の修正及び令和3年度に新規に作成した教材

 00_テーマ一覧(R2, R3作成).pdf
 
01-1_情報科学コース(電気基礎).pdf
 
01-2_情報科学コース(情報技術基礎).pdf
 
03-2_機械コース(機械設計).pdf
 
06_情報通信コース (電子計測制御).pdf
 
08-2_建築コース(工業数理基礎).pdf
 
09_総合デザインコース(工業技術基礎).pdf
 
10-1_海洋科学コース(総合実習).pdf
 
10-2_海洋科学コース(総合実習).pdf
 
11-2_海洋総合コース(小型船舶機関).pdf





会議・研修 光のサイエンスカフェ

 徳島大学ポストLEDフォトニクス研究所の先生をお招きし,総合科学類の2年生を
対象に「光のサイエンスカフェ」を実施しました。大学の研究者と最先端の科学技術
の動向や未来の科学技術とそれらがもたらす社会の変化等について気軽に話し合いを
オンラインで行いました。

日時:令和4年1月14日(金) 環境科学コース2年生
   令和4年1月18日(火) 情報科学コース2年生

場所:徳島大学と本校多目的ホール(オンライン接続)

講師:徳島大学ポストLEDフォトニクス研究所(徳島大学理工学部理工学科光システムコース)
   令和4年1月14日(金) 片山 哲郎 助教(光化学)
   令和4年1月18日(火) 南 康夫 准教授(光物性物理学)

ファシリテーター:
   令和4年1月14日(金) 玉有 朋子 さん(徳島大学学長企画室)
   令和4年1月18日(火) 岩野 泰典 教諭(徳島科学技術高校)

 内容:自己紹介(研究者への道のり),研究紹介,オンライン研究室見学,質疑応答

 

 【環境科学コース2年生】

 

 

【情報科学コース2年生】

理科・実験 Marine Science English(浮力の実験)

Marine Science English(浮力の実験)

 

1 期  日  令和4年1月17日(木)

2 場  所  本校 海洋環境実習室

3 参加生徒  海洋科学コース・海洋総合コース3年生

4 内  容

同じ大きさの耐水紙を用いて,船を製作し,オモリを載せて浮力を測定しました。

また,製作した船で水をすくって,その水の重量を測定し,オモリの重量と比較しました。

 

「Marine Science English(MSE)」の教材

平成25年度からSSH事業の一環で取り組んでいるMSEの教材をとりまとめた。

MSEでは,「コミュニケーション英語Ⅱ」の内容を更に習熟させて,海洋関係の科学者・技術者として必要となる総合的な英語力の向上を図っている。授業では海洋系の実験に必要な専門用語を英語で表現できるようにワークシートを開発し,活用している。

01_塩分差海流発生ワークシート.pdf

02_海事英語ワークシート.pdf

03_貝の生態ワークシート.pdf

04_クロマトグラフィーワークシート.pdf

QRコード

SSH課題研究テーマグループ討論会(SSH-ADT)を実施しました!

課題研究のテーマ決定方法や研究内容等に関して、各コースの2年生と3年生が話し合う討論会を開催しました。

日時:令和3年12月17日(金)13時10分から15時10分

場所:本校2階多目的ホール

参加生徒:生徒SSH委員会 2年生24名、3年生24名、計48名

講師:とくしまワークショップらぼ 理事 吉野 哲一さん

内容:まず、3年生から「どんな課題研究をしているか」や「なぜその研究をしようと思ったのか」「課題研究のテーマを決めたきっかけ」「課題研究をしていて大変だったこと」「工夫したこと」「課題研究をしていて楽しかったこと」などをグループで話してもらった。次に、3年生に対してグループの生徒が「テーマを決めるための秘訣」や「相談した人」「思いつかない場合はどうすればいいか」「研究を始める前にどんな準備が必要か」「研究がはじまるとどんなことが起こるのか」などの質問をし、話し合いを行った。その後、グループでの話し合いの内容を全体で共有した。

 最後に、「課題研究の魅力」について先生方も交えてグループで話し合い、全体で共有した。

 参加した生徒の感想は「同学年とだけのグループではなく、後輩も含めたディベートだったため、自分にとって新しい発見や考え方があり新鮮だった。また、類も違うのでいろいろな研究内容を聞けて面白かった(3年生)。」や「普段、自分は消極的で他の人と上手く話すことができずにいました。この討論会に参加して、自分に自信を持つことができたので、とてもよかった(3年生)。」「先輩の研究について知ることができ、とても関心を持った。これまで抱いていたSSH課題研究へのイメージよりもはるかに楽しそうだと思った(2年生)。」「はじめて違う類の人達と話をして新しく知ることがたくさんあった。課題研究のテーマを決める秘訣を聞けたので、それを利用して考えていきたい(2年生)。」など前向きな意見が多かった。

  

会議・研修 SSH課題研究発表会[個人研究](海洋科学コース)へのリンク

SSH課題研究発表会[個人研究](海洋科学コース)

 

SSH課題研究発表会[個人研究](海洋科学コース)の記事については,

こちらのリンクをご覧ください。

   SSH課題研究発表会[個人研究](海洋科学コース)へのリンク

   

理科・実験 2年生SSH課題研究がはじまりました

 探究活動のテーマ決定を前倒しし3年生から本格的にはじまる課題研究の充実を図るため,昨年度からカリキュラム改訂を行い,2年生に学校設定科目「SSH課題研究(1単位)」を導入しました。

 今年も2年生SSH課題研究(2学期後半から3学期にかけてまとめて実施している)がスタートしました。研究を開始するに当たって「SCITEC-HIノート(本校自作の実験ノート)の活用方法」や「研究の効果的な進め方」についての授業を実施しました。その様子を紹介します。

 日  時:令和3年11月19日(日)9時から11時50分

 場  所:本校4階情報技術実習室Ⅱ

 参加生徒:2年生環境科学コース32名

 講  師:方眼ノートトレーナー 藤井 梓さん,成松 美香さん

 

令和3年度 徳島科学技術高等学校SSH研究発表会の開催について

本校では今年度の生徒の研究成果について、下記日程にて発表いたします。

     日程 第1部 動画公開(YouTube) 令和4年2月  3日(木)~2月26日(水)
        第2部 オンライン発表    令和4年2月10日(木)12:30~14:45

なお、今年度は、本校YouTubeチャンネルにて本校生徒の研究発表を動画配信するほかに、他校からの動画発表作品を広く募集しております。動画発表への投稿及び、オンライン発表の視聴を希望する方は、別添参加申込書に記入の上、下記担当まで送付くださいますようお願いいたします。(締切1月19日(水)17:00)

01_【案内文鑑】_関係各位.pdf

02_【要項】校内SSH発表会.pdf

03_【別紙様式1】参加申込書.xlsx

03_【別紙様式2】参加申込書.xlsx

データ集録・解析オンラインワークショップに参加

公益財団法人日本科学協会が主催する標題のオンラインワークショップに参加しました。

 

日時:令和3年11月7日(日)13時から17時

       11月14日(日)13時から17時

場所:本校4階情報技術実習室Ⅱ

参加生徒:2年生情報科学コー8名

講師:同志社大学 野口 尚史 准教授,企業研究所研究員 小山 志穂里さん

内容

  7日 超小型PCラズベリーパイにセンサ(音響・画像・温湿度・磁力)をつないで,

身のまわりの現象を工夫して測定することにチャレンジ

 14日 測定したデータをどう解析して解釈するのか,同じくラズベリーパイを使い,考

え方と方法を学ぶ

 

 

四国地区SSH担当者交流会を幹事校としてオンラインで開催しました

 四国及び和歌山県のSSH指定校関係者や文部科学省,科学技術振興機構,徳島県教育委員会から総勢80名の皆さんが参加し,今後のSSH事業のあり方や指定校同士の取組の共有を通して,連携した取組ができないか模索しました。

日 時:令和3年10月13日(水)13:00 から16:15

場 所:本校多目的ホールや図書室,大会議室を教室他校等とオンラインで繋いで開催

参加者:四国地区及び和歌山県SSH指定校12校,文部科学省,JST,徳島県教育委員会

内 容:13:00 開会行事(幹事校・県教委・科学技術振興機構挨拶)

    13:20 講演 ※質疑応答を含む80分

         演題「SSH事業の今後の方向性について」

        文部科学省初等中等教育局教育課程課 課長補佐 野口 宏志 氏

    14:50 分科会

        ①    課題研究の指導と評価について

        ②    授業改善への取組について

        ③    コロナ禍における海外研修・外部連携・発表会等の課題と工夫について

        ④    継続申請及び中間評価について

    16:00 閉会行事(幹事校・科学技術振興機構・次期幹事校挨拶)

    16:15 終了

    16:30 SSH主担当者等情報交換会

       

     

文化祭でSSH課題研究発表上映会と課題研究インタビューを行いました

日時:令和3年10月9日(土)9時から12時まで

場所:本校2階多目的ホール

参加生徒:3年生情報科学コース,環境科学コース,総合デザインコース,1・2年生生徒SSH委員会

 3年生が今年4月に四国地区SSH生徒研究発表会にて発表した課題研究の研究発表動画を上映しSSH活動を広報しました。

 また,1,2年生の生徒SSH委員会が3年生に現在取り組んでいる課題研究について、そのテーマや内容,どうしてそのテーマにしたのか,また,研究の難しい点や工夫した点,面白いと感じていること,後輩へのメッセージなどインタビューしました。今後、とりまとめて教室に掲示する予定です。

  

 

Marine Science English(巻き貝の生態)

Marine Science English(巻き貝の生態)


1 期   日  令和3年9月27日(月)

2 実施クラス  海洋科学コース・海洋総合コース 3年生

3 授業の様子
   タマキビ貝の生態を調べるため,海水をタマキビ貝の入った紙コップに注いで,観察しました。
   観察した結果は,これから表やグラフにまとめます。
   また,なぜこのような結果になったのかを考察します。

      

   写真① 海水を入れます      写真② 海水を入れた直後のタマキビ貝

     

   写真③ 観察を続けます      写真④ 紙コップから脱走した貝もいました

汗・焦る 水中ドローン実習(海洋科学コース2年)

水中ドローン実習(プール)

 

1 期  日  令和3年9月24日(金)09:30~11:30

2 実施HR  海洋科学コース 2年(10名)

3 場  所  むつみスイミング飛込プール(蔵本公園)

4 内  容

  今年度,新たに導入した「水中ドローン」による実習をスタートしました。

  今回は,飛込プールでの基本的な操縦方法の習得を目指して,

  「水中ゲートの通過」と「ターゲットの回収」の課題に取り組みました。

  今後は,志和岐港内での藻場の調査や徳島県沿岸の魚礁の調査に活用する予定です。

 

        

   ①タブレットの映像を見ながら操縦中   ②水中ドローンカメラの映像

 

       

       ③ゲートを通過       ④ロボットアームでゲートをつかむ

 

   

         ⑤プールの底のターゲットを回収

 

化学グランプリ二次試験の実験を体験するオンラインワークショップに参加

 東京都立多摩科学技術高等学校及び工学院大学が主催する標題のオンラインワークショップに参加しました。

  日時:令和3年8月26日(木)14時から16時まで

  場所:本校4階定性・定量実習室

  参加生徒:2年生環境科学コース6名,3年生情報科学コース2名

  講師:工学院大学 釜谷 美則 准教授

  実験補助:東京都立多摩科学技術高等学校 田中 義靖 指導教諭

  内容

  ①    3種類の水A,B,Cを準備し,それらの水の残留塩素濃度をパックテストで求める。

  ②    ①と同じ種類の水の塩化物イオン濃度をパックテストで求める。

  ③    ①と同じ種類の水の全硬度をパックテストで求める。

  ④    キレート滴定により,水の全硬度を求める。

  ⑤    3種類の水A,B,Cに紅茶のティーカップをつけて,紅茶成分による水の濁りを比較する。

  ①    ~ ④の実験により水の種類を特定する。

 

 

雑誌「工業教育」に掲載されました!!

 雑誌「工業教育」(令和3年7月号)に本校の教育への取組が掲載されました。本校の教育の特徴は,進学希望者と就職希望者の両者を支援する「ハイブリット型教育システム」と、スーパーサイエンスハイスクール(SSH)による「探究活動」を中心に「多コース併設のメリットを活かした教育活動」です。これらの取組を通して「科学技術の高度化・複合化に対応できる人材の育成」に努めています。

詳細は次のPDFファイルをご覧ください


工業教育.pdf

月刊「先端教育」から取材を受けました!!

 月刊「先端教育」から本校のSSHを中心とした独自の専門教育への取組について取材を受けました。そして令和3年4月号に「SSH指定校グローバルに活躍する理工学コンピテンスを備えた人財育成」をテーマに掲載されました。

詳細は下記PDFファイルをご覧ください。


先端教育.pdf

SSH方眼ノートグランプリを開催

 本校は,文科省よりスーパーサイエンスハイスクール(SSH)校に指定を受け,様々な事業に取り組んでおり,その一環として課題研究の高度化・多様化を目指しています。そして現在,課題研究に役立つ学校独自ノート「SCITEC-HIノート」を開発し,昨年度より学校に導入しているところです。

 今回は,課題研究や授業等でSCITEC-HIノートや方眼ノートを使っている代表生徒が,工夫している点や留意点などのプレゼンテーションを行い,方眼ノートシニアトレーナーである青木文子さんより,指導講評をいただきました。

 ZOOM配信で各教室に配信し,全校生徒が方眼ノートを使って,発表生徒のプレゼンテーションや青木さんの指導講評のなかから,自分自身のノートの使い方の参考となる点について記入しまとめました。

日時:令和3年7月12日(月)11:00~12:30

場所:多目的ホール(各教室へZOOM配信)

SSH方眼ノート講演会を開催

 本校は,文科省よりスーパーサイエンスハイスクール(SSH)校に指定を受け,様々な事業に取り組んでおり,その一環として課題研究の高度化・多様化を目指しています。そして現在,課題研究に役立つ学校独自ノート「SCITEC-HIノート」を開発し,昨年度より学校に導入しているところです。この「SCITEC-HIノート」の基となる方眼ノートの活用方法について,方眼ノートシニアトレーナーである青木文子様に,岐阜県からZOOMを通して,1,2年生570名を対象に講演会を開催しました。

 

日時:令和3年7月12日(月)9:00~9:50

場所:各教室へZOOM配信

内容:理工学コンピテンス(本校が独自に設定した理工学を学ぶ高校生が身につけるべき能力)の①「主体的に取り組む力」の育成を目的に,ゲームのように勉強を攻略するノートの使い方について,具体的な活用方法を学びました。

SSH方眼ノートクラブ講習会を開催

 本校は,文科省よりスーパーサイエンスハイスクール(SSH)校に指定され,国際的に活躍することのできる科学技術人材の育成に取り組んでいます。その一環として,フレーム付き方眼ノートを活用した学校自作ノート「SCIEC-HIノート」を作成し,授業や実習,課題研究等に導入し生徒の科学的思考力向上に取り組んでいます。

今回,SCITEC-HIノートの効果的な活用方法を学ぶため,その基本となる方眼ノートの活用方法について,SSHクラブ3年生40名を対象に講習会を開催しました。

 

日時:令和3年5月19日(水)16:00~17:00

場所:本校多目的ホール

内容:理工学コンピテンス(本校が独自に設定した理工学を学ぶ高校生が身につけるべき能力)の①「主体的に取り組む力」の育成を目的に,ノートの書き方や学習を効果的に進める方法,テスト対策勉強の仕方などを講習しました。

 

SCITEC-HIノートを活用した教材2

本校では,昨年度から生徒の科学的思考力が向上するノート【SCITEC-HIノート】を開発しています。また,このノートを活用して「SSH工業技術基礎」,「SSH水産海洋基礎」で使用する探求活動の導入のための教材を各コースで開発しています。

 

 【SCITEC-HIノート】を活用した「SSH工業技術基礎」,「SSH水産海洋基礎」の教材です。
 ■一括版(PDF)
  00一括版.pdf
 ■分割版(PDF)
  00テーマ一覧.pdf
  01情報科学コース.pdf
  02環境科学コース.pdf
  03機械コース.pdf
  04生産システムコース.pdf
  05電気コース.pdf
  06情報通信コース.pdf
  07環境土木コース.pdf
  08建築コース.pdf
  09総合デザインコース.pdf
  10海洋科学コース.pdf
  11海洋科学コース.pdf
  12海洋総合コース.pdf
  13海洋総合コース.pdf

台湾国立蘇澳高級海事水産職業学校との生徒Web交流(第2回)

台湾国立蘇澳高級海事水産職業学校との生徒Web交流(第2回)

1 日  時  令和3年3月17日(水) 17:00~18:15

2 会  場  本校 海洋情報実習室(ビデオ会議)
        台湾国立蘇澳高級海事水産職業学校 会議室

3 参加生徒  本校 海洋科学類・海洋技術類 1・2年生希望者(14名)
        台湾国立蘇澳高級海事水産職業学校 1~3年生希望者(18名)

4 概  要
  台湾国立蘇澳高級海事水産職業学校の代表生徒の皆さんと本校の海洋系
 参加希望生徒がビデオ会議(Jitsi meet使用)での交流を実施しました。

  (1) 各校の学校紹介・質疑応答

    

 

        (2) 各校の生徒研究発表・質疑応答

    

 

この交流については,来年度も引き続き実施する予定です。

  ☆台湾国立蘇澳高級海事水産職業学校の皆さん,
            楽しい時間をありがとうございました!!

SSH研究発表会を開催

SSH研究発表会を開催しました。

 

1 日時   令和3年2月9日(火) 午後零時30分から午後2時45分まで
2 場所   オンラインでの開催
3 日程   12:30~12:40 開会行事
       12:40~12:45  事業概要説明
       12:45~12:55 会場準備
       12:55~13:30 研究発表①(2テーマ:発表7分,質疑応答5分)
       13:30~13:40 休 憩
       13:40~14:30 研究発表②(3テーマ:発表7分,質疑応答5分)
       14:30~14:40  講評
       14:40~14:45 閉会行事
4 参加対象 科学技術振興機構※,徳島県教育委員会,運営指導委員,学校評議員
       本校1,2年生※,本校職員 他
       ※印は,オンラインでの参加です。

 

SCITEC-HIノートを活用した教材1

 本校では,昨年度から生徒の科学的思考力が向上するノート【SCITEC-HIノート】を
開発しています。また,このノートは,生徒の専門英語力向上のため,科学英語等も
学べるノートになるように開発しています。

 

 【SCITEC-HIノート】を活用した専門科目の教材です。
 ■一括版(PDF)
  SCITEC-HIノート】専門科目.pdf
 ■分割版(PDF)
  00テーマ一覧.pdf
  01情報科学コース(電気基礎).pdf
  02環境科学コース(工業化学).pdf
  03機械コース(原動機).pdf
  04生産システムコース(工業数理).pdf
  05電気コース(電子計測制御).pdf
  06情報通信コース (電子計測制御).pdf
  07環境土木コース(土木基礎力学1).pdf
  08建築コース(建築施工).pdf
  09総合デザインコース(デザイン史).pdf
  10海洋科学コース(総合実習).pdf
  11海洋総合コース(小型船舶).pdf

徳島大学研究所特別講座を開催!

 徳島大学ポストLEDフォトニクス研究所特別講座
 「サイエンスカフェ及びオンライン実験室訪問」を開催しました!

 

1 日時 令和3年1月19日(火)12:30~15:20,1月22日(金)9:00~11:50
2 場所 徳島県立徳島科学技術高等学校 多目的ホール
3 講師 徳島大学理工学部電気電子コース 髙島祐介 助教
4 ファシリテーター 徳島大学ファシリテーター 玉有朋子さん 
5 対象 総合科学類2年生57名

 

 サイエンスカフェとは,研究者と一般市民(今回は高校生)がカフェで話をするように気楽に
科学について話し合うことで,科学の裾野を広げていく手法です。
 今回は,徳島大学の高島先生から「なぜ”光”の研究者になったのか」について講演いただき,
その内容について,「先生の大切にしていることは何か?」,「どうやって困難を乗り越えたのか?」
などについてグループで話し合い,「自分だったらどうすか?」について考えました。
その後,大学の研究室をzoomで中継していただき見学しました。

 

 参加した生徒からは「先生の研究者としてのエピソードから,大学での研究がどのようなものか
わかって面白かった。」,「大学の実験室が新鮮だった。」,「光の化学に少し興味をもった。」
などの感想が得られ,サイエンスカフェの目的が達成されました。

 

 

 

SSHテーマ提案発表会を開催

 SSH課題研究テーマ提案発表会を開催しました!


 課題研究を始めるに当たって,「どのように研究テーマを考えたらいいか」を2年生で
話し合うテーマ提案発表会を開催しました。
  
1 日時:令和3年1月15日(金) 16:00~17:00
2 場所:徳島県立徳島科学技術高等学校 多目的ホール
3 講師:とくしまワークショップらぼ 吉野哲一 理事 
5 対象:生徒SSH委員会2年生24名
6 日程:16:00~16:05 開会・講師紹介
     16:05~16:55 発表会
         16:55~       閉会

 

台湾国立蘇澳高級海事水産職業学校との生徒Web交流

台湾国立蘇澳高級海事水産職業学校との生徒Web交流

 

1 日  時  令和3年1月14日(木) 17:00~18:00

2 会  場  本校 海洋情報実習室(ビデオ会議)
        台湾国立蘇澳高級海事水産職業学校 会議室

3 参加生徒  本校 海洋科学類・海洋技術類 1・2年生希望者(14名)
        台湾国立蘇澳高級海事水産職業学校 1~3年生希望者(18名)

4 概  要
  台湾国立蘇澳高級海事水産職業学校の代表生徒の皆さんと本校の海洋系
 参加希望生徒がビデオ会議(Jitsi meet使用)での交流を実施しました。

 

  (1) 各校の学校長あいさつ

 

  

     

  (2) 生徒自己紹介(英語)
    参加生徒が一人ずつ英語での自己紹介を行いました。
    自己紹介の後には,学校で楽しみなこと,台湾で有名な日本人等について
    お互いに質問し,楽しく交流を深めました。

  

   

        

       

  (3) マイクロプラスチック問題についての意見交換(英語)
    本校のエシカルクラブから事前にお願いしていたマイクロプラスチックに
   ついての質問について意見交換を英語で行いました。

 

   

       

  (4) 次回の日程について確認
    次回は3月に,各校の学校紹介とSSH課題研究で取り組んでいる内容の
   研究発表を予定しています。

  ☆台湾国立蘇澳高級海事水産職業学校のみなさんありがとうございました。
   3月の交流を楽しみにしています!!

テーマグループ討論会を開催

 SSH課題研究テーマグループ討論会を開催しました!

 課題研究を始めるに当たって,「どのように研究テーマを考えたらいいか」を2,3年生で

話し合うテーマグループ討論会を開催しました。

 

1日時  令和2年12月16日(水) 13:00~15:00

2場所 徳島県立徳島科学技術高等学校 多目的ホール

3講師 とくしまワークショップらぼ 吉野 哲一 理事 

5対象 生徒SSH委員会2,3年生38名

6日程 13:00~13:05 開会・講師紹介

      13:05~14:55 討論会     

        14:55~       質疑応答・閉会

 

 

SCITEC-HIノート優良事例紹介

昨年度から,生徒の科学的思考力向上のためフレーム型方眼ノートの書式を活用した
本校独自ノート「SCITEC-HIノート」を開発し,本年度から全校に配布し,実習や課題研究等に
活用しています。
 今回,2年生の実習及び3年生の課題研究で上手に活用できている例を紹介します。

 


 
実習(イオン化傾向).jpg

 


実習(硫酸銅の結晶水).jpg

 


SSH課題研究.jpg

 

SSH課題研究の進め方講演会

 課題研究を始めるに当たって,「研究とは何か?」「研究の企画・立案・進め方とは?」
「研究を進めるにあたっての留意事項」「データ処理の方法」等について,大学の先生をお招きし,
講演会を開催しました。
   

 

1 日 時   令和2年11月27日(金) 11:00~12:00
2 場 所   徳島県立徳島科学技術高等学校 201・202教室

(オンラインによる講義)

4 講 師   徳島文理大学保健福祉学部口腔保健学科 吉岡 昌美 教授 

5 対 象   総合科学類2年生59名

6 日 程   11:00~11:05 開会・講師紹介

        11:05~11:55 講義                11:55~       質疑応答・閉会

 


 今後の研究テーマの決定方法や研究の進め方について参考なる講演会でした。 

 

 

令和2年度SSH研究発表会のお知らせ

1 日  時  令和3年2月9日(火) 午後零時30分から午後2時45分まで

 

2 場  所  オンラインでの開催

 

3 日  程  12:30~12:40 開会行事
        12:40~12:45  事業概要説明
        12:45~12:55 会場準備
        12:55~13:30 研究発表①(2テーマ:発表7分,質疑応答5分)
        13:30~13:40 休 憩
        13:40~14:30 研究発表②(3テーマ:発表7分,質疑応答5分)
        14:30~14:40  講評
        14:40~14:45 閉会行事

 

4 参加対象  科学技術振興機構※,徳島県教育委員会,運営指導委員,学校評議員
        県内外SSH校教職員※,県内学校関係者※,本校1,2年生,本校職員 他
        ※印は,オンラインでの参加です。

 

5 申込方法  電子メールで下の様式から令和3年1月20日(水)17:00までに
        お申し込みください。
        R3.2.9_徳島科学技術高校SSH発表会案内文.pdf
        R3.2.9_徳島科学技術高校SSH発表会開催要項.pdf
        【別紙様式】R3.2.9_徳島科学技術高校SSH発表会参加申込書.xlsx

 

 


 
 

カキ養殖についてのオンライン講演会(海洋科学コース)

カキ養殖についてのオンライン講演会(海洋科学コース)


1 期  日  令和2年11月26日(木)9:55~11:35

2 講  演  者  株式会社リブル 
        取締役 最高執行責任者 高畑 拓弥 様
        生産担当        石田 勇介 様

3 対  象  海洋科学コース1・2年生(19名)

4 概  要
 徳島県南部の那佐湾をフィールドとしてカキ養殖を行っている株式会社リブル様にカキの種苗生産の方法や
養殖方法について教えていただきました。
   質疑応答では,「カキ養殖は赤潮の影響を受けるのか」や「"あたる"カキと”あたらない”カキの違い」など
おもしろい質問もあり,とても楽しく勉強になる講演会でした。
 今回勉強したことを今後の研究や,水産業を考えていく基礎として活かしていきたいと思います。
     

 

  ※高畑様,石田様 楽しい講演会をしていただき,ありがとうございました。

瀬戸内海の地域課題解決に取り組む高校生サミット(海洋科学コース)

瀬戸内海の地域課題解決に取り組む高校生サミット
(第10回瀬戸内海の環境を考える高校生フォーラム)


1 期  日  令和2年11月22日(日) 10:00~15:00

2 参加生徒  海洋科学コース 2年生 4名(オンライン参加)

3 主  催  兵庫県立尼崎小田高等学校

4 概  要
  兵庫県立尼崎高校主催の瀬戸内海の地域課題解決に取り組む高校生サミットに
 海洋科学コース2年生の代表生徒4名がオンラインで参加しました。
  午前は各校の取組をオンライン発表し,午後は「豊かな瀬戸内海」について
 ディスカッションを行いました。

 

 

Marine Science English(光合成色素の分離)

Marine Science English
(薄層クロマトグラフィーによる光合成色素の分離)


1 期   日  令和2年11月2日(月)・9日(月)

2 実施クラス  海洋科学コース・海洋総合コース 3年生

3 授業の様子
   海藻(褐藻・緑藻・紅藻)と陸上植物(シロツメクサ)から
  薄層クロマトグラフィーによって光合成色素を分離しました。

 

 

 

 

 

 

Marine Science English(巻き貝の生態)

Marine Science English(巻き貝の生態)


1 期   日  令和2年10月15日(木)

2 実施クラス  海洋科学コース・海洋総合コース 3年生

3 授業の様子
   タマキビ貝の生態を調べるため,淡水,海水,150%海水,50%海水,
  3.5%塩水を,タマキビ貝の入ったビーカーに注いで,観察しました。
   観察した結果は,表やグラフにまとめました。
   次回は,なぜ,このような結果になったのかを考察します。

 

 

 

国立蘇澳高級海事水産職業学校との交流打ち合わせ

国立蘇澳高級海事水産職業学校との交流打ち合わせ


1 期   日  令和2年10月14日(水) 17:00~17:30

2 場   所  本校 海洋情報実習室(ビデオ会議)

3 概   要
   今年度,相互訪問を行って交流を深める予定でしたが,新型コロナウィルス
  感染症の影響で訪問することができなくなりました。
   そこで,今年度はビデオ会議を通して,生徒間の交流を図ることとなり,
  今回は,交流内容についての教員間での打ち合わせを実施しました。

 

【生徒SSH委員会】先輩インタビュー2

2020/10/16
【生徒SSH委員会】先輩インタビュー2
| by:Web担当者
  今回は、生徒SSH委員会の1,2年生が,海洋技術学類海洋科学コースの3年生にインタビューを行いました。
Q&A形式で,コースの紹介をしています。次のPDFファイルを御覧ください。

 

           

         

生徒SSH委員会による先輩へのインタビュー【海洋総合コース編】.pdf

卒業生へのSSHアンケート

2020/10/09
卒業生へのSSHアンケート
| by:Web担当者
 国公立大学に進学した卒業生にアンケートを実施しました。
高校3年間のSSHに関する学習について調査しました。

 

①大学でも役立っていること
 ・グループでの研究活動
 ・プレゼンテーション
 ・レポートの書き方
②もっと学んでおきたかったこと
 ・科学英語
 ・プレゼンテーション
 ・発表の資料づくり(ポスター,発表原稿等)

 

 詳細については,次のファイルを御覧ください。

 

       

                
   令和2年度SSH卒業生アンケート.pdf

「方眼ノート講演会」を開催!!

 昨年度から,課題研究等をスムーズに進めるために方眼ノートのフレームを利用した
学校自作ノート「SCITEC-HIノート」を開発し,今年度からは課題研究等の授業に導入しています。

 

 今回,方眼ノートシニアトレーナーとして全国450名以上の方々に思考の整理技術を
伝授されている講師をお招きし,課題研究に役立つノート活用術の講演会を開催しました。

 

日時:令和2年10月2日(金)12:00~16:15
講師:方眼ノートシニアトレーナー 青木 文子さん
対象:生徒SSHクラブ1,2年生51名

 

 

 ※学校自作ノート「SCITEC-HIノート」のページはこちら

【生徒SSH委員会】先輩インタビュー

 昨年度から「生徒SSH委員会」を発足させています。この委員会は,生徒が科学的探求活動に主体的に
取り組むことができるように,クラスの代表が集まり,学年・類コースを超えた意見交換会や研修を行っています。
今回は,生徒SSH委員会の1,2年生が,海洋科学類海洋科学コースの3年生にインタビューを行いました。
Q&A形式で,コースの紹介をしています。次のPDFファイルを御覧ください。

 

             

    生徒SSH委員会による先輩へのインタビュー【海洋科学編】.pdf

Marine Science English(熱塩循環の実験)海洋コース3年

Marine Science English(熱塩循環の実験)

 

1 期   日  令和2年8月27日(木)

2 実施クラス  海洋科学コース・海洋総合コース 3年生

3 授業の様子
   代表生徒のデモンストレーションを見て,熱塩循環の実験の手順を確認し,
  英語の指示で各班ごとに実験を実施しました。

 

 

 

水産・海洋関係機関ミーティング

水産・海洋関係機関ミーティング


1 期  日  令和2年6月23日(火) 16:00~18:00

2 場  所  本校 操船運用実習室

3 参加機関
  〇徳島大学 水圏教育研究センター
  〇四国大学短期大学部
  〇徳島文理大学
  〇阿南工業高等専門学校
  〇徳島県農林水産総合技術支援センター水産研究課
  〇本校 海洋系職員 

4 内  容
  徳島県で水産・海洋関係の研究に取り組む関係者が集まり,
  今年度の取組やお互いに連携できる内容等を確認しました。
  本校のSSHの取組についてもアドバイスをいただきました。

 

       

 

 ※ 8月29日に「徳島マリンサイエンスシンポジウム」が
    四国大学において開催される予定です。
 
 

YouTubeでSCITEC-HIノートを解説

 本校の公式YouTubeチャンネル「SCITEC-HIチャンネル」で,本校独自の科学的思考力を
育成するノート「SCITEC-HIノート」の使い方を解説しています。
 基本編と具体編の2つを用意しました。是非,御覧ください。

 





 


 動画中に出てくる,「SCITEC-HIノート」と「理工学コンピテンスを用いたルーブリック評価」は,
下記のページを御覧ください。

 

https://nc3-tokushima-hst.tokushima-ec.ed.jp/blogs/blog_entries/view/90/b6e74264f74797dc17caf827e3dbf122?frame_id=210

 

①基本編QRコード     ②具体編QRコード
          

SCITEC-HIノートとルーブリック評価

 令和元年度,「SCITEC-HI(サイテックハイ)ノート」と本校独自の「理工学コンピテンスを用いたルーブリック評価」を
開発しました。

 

①「SCITEC-HIノート」とは
 フレーム付き方眼ノートです。このノートを使用することで,研究に対する疑問点や気づきを得やすくなり,
課題研究のテーマや考察を考えやすくなります。

 

②本校独自の「理工学コンピテンスを用いたルーブリック評価」とは
 理工学を学ぶ高校生が身につけるべき能力として,本校が独自に定義した14の分野です。
また,各分野の能力を4段階で評価します。
 この評価は,「SCITEC-HIノート」に組み込んで,生徒の自己評価,教員評価を行います。

 

【令和元年度版】SCITEC-HIノート(全ページ版).pdf

【令和元年度版】SCITEC-HIノート(簡易版).pdf

理工学コンピテンスを用いたルーブリック評価.pdf

※令和元年度指定研究開発実施報告書第1年次から抜粋

 

東京都立戸山高校SSH生徒研究成果合同発表会(海洋科学コース)

東京都立戸山高校SSH生徒研究成果合同発表会

 

1 期  日  令和2年2月2日(日)

2 会  場  東京都立戸山高等学校

3 参加生徒  海洋科学コース 3名

4 発表会の様子
  東京都立戸山高等学校のSSH生徒研究成果合同発表会のポスター発表に
 参加しました。
  発表内容について専門の先生方からアドバイスをいただくことができ,
 とても有意義な発表会への参加となりました。

 

 

Marine Science English 浮力の実験(海洋3年)

Marine Science English 浮力の実験

 

1 期   日  令和2年 1月16日(木)

2 実施クラス  海洋科学類・海洋技術類 3年

3 授業の様子
  耐水紙で作った船におもりを載せて浮力の大きさを測る実験を実施しました。
 実験の結果から船の形状と浮力の関係について考察しました。

 

 

サイエンスカフェ

 徳島大学の「ポストLEDフォトニクス研究所」による「サイエンスカフェ」を本校
で開催していただきました。
 サイエンスカフェとは,科学の専門家と一般の人々がカフェなどで科学について
気楽に語り合う場のことで,市民と科学者・研究者を繋ぎ,科学の社会的な理解を
深めるための新しいコミュニケーションの手法です。
 当日はNHKの取材もあり,夕方の「とく6徳島」でサイエンスカフェの様子を放映
していただきました。

開催日:令和2年1月31日(金)10:00~12:30
場 所:三種競技場多目的ホール
内 容:①若手研究者による研究紹介
    ②LED実験
    ③グループトーク(サイエンスカフェ)

 

 

 

ファシリテーション研修

目的: 課題研究のテーマ決定に向けて,類コース及び学年の壁を越え話し合う機会を設けることで
課題研究に対する興味関心やアイデアを喚起しました。
 また,SSH委員会委員が,3月に行う課題研究のテーマ決定のための1,2年生ワークショップの
ファシリテーターとして、活躍できるように研修を行いました。


日時:令和元年12月19日(木)13:30~15:00
講師:とくしまワークショップらぼ 吉野哲一さん
対象:各ホームルームSSH委員会委員66名

 

 

方眼ノート講演会を開催

 本校はスーパーサインスハイスクール(SSH)事業の指定を受け,国際的に活躍する科学技術人材の育成に
取り組んでいます。
 その一環として,3年生の課題研究をとおした生徒の科学的探究力の育成・向上に取り組んでいます。
令和2年度からは,この取組のさらなる高度化・多様化を目指し,1年生に学校設定科目「SSH工業技術基礎」と
「SSH水洋海洋基礎」を,2年生に「SSH課題研究」を導入し,併せて,その際に活用する教材として,
方眼ノートのフレームを利用した学校独自ノート「SCITEC-HIノート」の開発に取り組んでいます。

 今回,「ノートが変われば,あなたの能力も変わる」として,多数の企業や学校で「ノートスキルの指導」を
実施されている講師をお招きし,課題研究に役立つノート術を学びました。

 

 

日時:令和元年12月17日(火)10:10~12:10

講師:クリエイティブマネジメント株式会社 代表取締役  高橋 政史さん

対象:全校生徒


①講演会中,生徒が授業で使っているノートを見ていただきました。

 

②講演会後,SSHクラブ役員生徒と座談会を開催しました。

 

あわ(OUR)教育発表会に参加

2020/01/09
あわ(OUR)教育発表会に参加
| by:Web担当者
 県教育委員会主催のあわ教育発表会で、「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)における課題研究の取組」を
テーマとしてポスター発表を行いました。
 発表内容は、SSHの取組概要の説明を教員が行い、「無機凝集剤を用いた水質浄化」に関する研究について生徒が
発表しました。


日時:令和元年12月25日(水)10:30~16:00

場所:徳島県立総合教育センター

参加生徒:環境科学コース3年生4名

 

 

徳島県立工業技術センターへ

実施日
 令和元年11月29日(金)
開催場所
 徳島県立工業技術センター
担当者
 徳島県立工業技術センター 生活科学担当 上席研究員 坂田和則 氏
参加生徒
 SSH課題研究班5名
目的
 総合デザインコースは、SSH事業でのSCITECーHI研究「形状の科学的根拠を検証して得た知見を元に考案するインダストリアルデザインの研究」に取り組んでいます。 今年度は「杉材を使った椅子の強度試験」をテーマに研究しています。今回は、家具強度試験を依頼した担当の坂田和則先生を訪問し、研究について指導・助言を頂きました。
内容
 次の映像は、徳島県立工業技術センターに依頼したいすの繰り返し衝撃試験(さくら工業AB20型)の様子です。今回試験した2脚とも、割れ・変形や接合のゆるみ・はずれ等の使用上問題となる異常は認められなかったとのことで、これまでSSH事業で製作した杉材椅子で初めてこのような成績を得ました。坂田先生からは、後脚と座面の接合方法や、前後脚を接合する貫部材の位置等が、成績に影響したのではないかとの講評をいただきました。
 

SSH研究発表会のお知らせ


1 日  時  令和2年2月12日(水) 午後1時30分から午後3時30分まで

2 場  所  徳島県立徳島科学技術高等学校 体育館
        (徳島県徳島市北矢三町2丁目1番1号)

3 日  程  13:00~13:25 受 付
        13:30~13:40 開会行事
        13:40~13:55 事業概要説明

        13:55~14:20 研究発表
        14:20~14:40 休憩(ポスター展示)
        14:40~15:15 研究発表
        15:15~15:25 講 評
        15:25~15:30 閉会行事


4 参加対象  科学技術振興機構,徳島県教育委員会,運営指導委員,学校評議員
        県内外校教職員,本校1・2学年生徒,本校教員 他

5 申込方法  ファクシミリまたは電子メールで下の様式により,お申し込みください。
        
R2.2.12徳島科学技術高校SSH発表会案内文.pdf
         R2.2.12徳島科学技術高校SSH発表会参加申込書.xlsx

 

徳島大学でポスターセッション

  令和元年12月14日(土),徳島大学で日本金属学会・日本鉄鋼協会中国四国支部主催の
 「第46回若手フォーラム・ポスターセッションの部」に参加しました。

  徳島県内高等学校から3校が参加しました。
 本校はこのフォーラムに毎年参加しており,今年は情報科学コース3年生3名,総合科学類1年生1名が参加しました。
 2年生の時に先輩から引き継いだ「小型水力発電の研究・開発」のポスター発表をしました。
 大学の先生及び大学生からは,貴重なアドバイスをたくさんいただきました。
  大学生は,金属工学に関する研究内容等を高校生向けに分かりやすいポスター発表をしていただけました。
  さらに,発表内容以外にも大学生から大学生の心構え,研究室のこと,大学院や就職のことなど大学生活についても
 教えていただきました。
  来年も,是非参加させていただきたいと思います。

      

     和やかな雰囲気の中で発表できました。

    

  大学の先生から貴重なアドバイスをいただきました。

台湾を訪問しました!

 

 本校2名の教員が,令和 2 年度から台湾の水産学校との交流に先立ち,
内容の検討を行うため先方を訪問し学校見学と交流内容の協議を行いました。

日時:令和元年 12 5 日(木) 9 00 16 30

場所: 台湾国立高級海事水産職業学校等(台湾宜蘭縣蘇澳鎮蘇港路 213 號)

内容: 9:00 10:00  会議室

○両校の学校紹介とお土産交換

○蘇澳高級海事水産職業学校 生徒研究発表

 米粉・サクラエビ・ニンジンを使ったグルテンフリー焼き菓子の開発をとおして,
焼き菓子の組織の顕微鏡観察やカロテンの科学的な実験について発表してくれました。
全国の職業高校の発表会で2位を受賞したそうです。

        

 10:00 12:00  校内見学

○輪機科・アーク溶接の様子を見学。

○水産食品科・パン作りを体験。

○航運管理科

・飛行機の機内を再現した実習施設を見学。

・レジ打ちの実習の様子を見学。

・模擬電動フォークリフトの実習を見学。

○観光事業科・カクテル作りの実演および試食。

○電子科・生徒が製作したロボットの実演(ロボコンで使用するようなロボット)

○漁業科

・技能大会で入賞した生徒が,網の修繕を実演。

・生徒が製作したラジコンボートについて説明。

・使用しているカヌーやボートなどの舟艇を見学。

・今後は Laser クラスのディンギーヨットを授業に取り入れていく予定。

○食堂の様子について見学。

        

         

        

      12:00 13:00  昼食

13:00 14:30  校内見学

○図書室

・図書室を見学。見学時に中学生が来校し,図書室で学校説明を受けていました。

100 種類を超える雑誌が購読されていました。

・年2回,教員と生徒の研究報告書が作成されていました。

○水産養殖科

・魚類の外部,内部形態の授業の様子を見学。

・アクアリウム,養殖の実習水槽等を見学。

・地下水を利用した淡水養殖の大きな水槽が設置されていました。

・アクアポニックス(魚類の排出した栄養塩を水耕栽培で吸収し水を循環ろ過)の
実習装置が設置されていました。

○体育科

・柔道,バスケット,野球の練習の様子を見学。

14:30 16:30  蘇澳港見学

〇台湾と日本のかかわりについて

・蘇澳港の成り立ち,西郷隆盛と台湾の関係について,有名な歴史について研究している方
からスライドを用いて説明を受けました。
 

         

       

                                                                   
  今回の訪問の結果, 国立高級海事水産職業学校は令和 2 6 月に本校を訪問し,
本校は 11 月に訪問し互いに交流をしていくことになりました。。